本のおはなし

ゆるーい読書日記です( *´艸`) 書評など難しいことはできないけど、読んだ本について感想などを綴っていきます♪

【罪の余白】芦沢央

どこまでが罪として認識されるのか…。

 

 

芦沢央さんは初めての作家さん。

とっても読みやすい文章を書かれる方だなぁという印象です(*´ω`*)

 

 

まずはあらすじから。

 

内容(「BOOK」データベースより)

どうしよう、お父さん、わたし、死んでしまう―。安藤の娘、加奈が学校で転落死した。「全然悩んでいるようには見えなかった」。クラスメートからの手紙を受け取った安藤の心に、娘が死を選んだ本当の理由を知りたい、という思いが強く芽生える。安藤の家を弔問に訪れた少女、娘の日記を探す安藤。二人が出遭った時、悪魔の心が蠢き出す…。女子高生達の罪深い遊戯、娘を思う父の暴走する心を、サスペンスフルに描く!
 
娘を自殺という形で失ってしまった父親。
そして、そんな無気力状態を支える職場の同僚の女性。
娘をいじめていた仲良しだったはずの二人の友人。
この4人の視点から語られる形式で物語は進んでいきます。
 
父親ははじめは娘が自殺したものだと思っているのですが、
やがてその原因を探ろうとし始めます。
そして、パソコンのパスワードの解読に成功。
中に娘の日記を発見します。
そこには仲良しだったはずの友人からの陰湿ないじめが綴られていました。
これを見て父親は復讐心が芽生えてきて…。
 
読んでいて、友人たちが自分勝手すぎて腹が立ってくるんですけど、
一方で学生ってこんな感じだったかもな~と思ったり。
周りの目をすごく気にするとかね。
自分を抑えてでも友達の輪にいようとするとかね。
グループのよくわからない順位的のものがあるとかね。
 
タイトルの『罪の余白』。
いじめが原因での自殺…
これって確かに直接手をかけて殺害したわけじゃないわけで、
一体どこまで罪になるのか。
それにいくら罪(例えば少年院に入るとか)として罰せられたからと言って、
本人の反省の気持ち次第なわけで、本人にその気がなければただの形だけで終わるってことでですよね。
謝って自分の気が済んでも、それでいいってわけでもないし…。
これが余白ってことなのかなって思いました。
なんだかすごく難しくて頭がこんがらがってきます(´◉◞౪◟◉)
 
そうだなぁ…
絶対あってほしくないけど、もし自分の子どもがいじめられたとしたら、
全然恥ずかしいことじゃないし、転校させるとか、すぐに逃げることを選ぶと思う。
学生のうちは、学校生活や友人との関係がすべてだって思っちゃうけど、
全然そんなことないんだって、ちゃんと知っていてほしいです。
学校生活なんて人生の中のほんの一瞬。
だからこそ、楽しく、そして大切にしてほしいんだけど、
もしそれが難しいなら、後に続く人生のためにも逃げたっていいと思うのです(*´ω`*)
 
…いじめについて考えるとか、普段はあまりないけど、
こういう本を読むとやっぱり考えさせられますね。
 
次は、もっとライトに読める本を選んで読みたいと思います(*^_^*)
 
ということで、以上です。
 
 
 
ちなみに映画もあるみたいなので、機会があれば見るつもり☆
 

 

キャスティングがハマってる気がする…(*´ω`*)

【ソロモンの犬】道尾秀介

動物のこと、いろいろと勉強になるよ、カーミングシグナルとか。

 

 

まず、表紙の学ランを着たわんちゃんが何とも言えないですね(笑)

 

 

内容(「BOOK」データベースより)

秋内、京也、ひろ子、智佳たち大学生4人の平凡な夏は、まだ幼い友・陽介の死で破られた。飼い犬に引きずられての事故。だが、現場での友人の不可解な言動に疑問を感じた秋内は動物生態学に詳しい間宮助教授に相談に行く。そして予想不可能の結末が…。青春の滑稽さ、悲しみを鮮やかに切り取った、俊英の傑作ミステリー。

 

 

10歳の少年が、飼い犬の突然の行動により事故死してしまい、

その現場に4人の大学生(少年とは知り合い)が居合わせ…

犬の不自然な行動を引き起こす原因を作った者、

つまりは少年を死なせてしまった者がこの中にいるのか?!というストーリー。

 

主人公の秋内はとっても恋愛に疎く、そういった面では青春のさわやかな感じが

漂っていました。でも、事故の原因がわかってくると、かなり切ない気持ちになる。

動物に詳しい大学教授・間宮がいろいろと謎を解いていくキーパーソンなんだけど、

キャラクターが良かったですね( *´艸`)

そして、いろいろとお勉強になった。カーミングシグナルとか。

あえてここでは説明はしませんけど、動物の習性などの知識が増えました(#^.^#)

 

ちなみに、見出しで触れたカーミングシグナルですが、

これは犬が、わざとあくびをするなどの脱力行為をしてみせて、

相手の気持ちと自分の気持ちを落ち着かせ、攻撃を阻止するというものだそう。

 

ラスト、真実が明らかになっていくうちに、一度びっくりして…。

それがひっくり返ってまたびっくりして…。

最後に真相が明らかになると、悲しい気持ち、切ない気持ちになりました( ;∀;)

人間て弱いな…って思いますね。

 

 

…ということで、今回はこの辺で☆

とっても読みやすく、一気に読める1冊だと思います(*^_^*)

以上です。

 

 

 

ちなみに道尾秀介さん、今までにも何冊か読んでいます。

などなど☆

 

【記憶に残す読書術】

まさかの100均で出会った本です。

 

 

ダイソーで見つけて、とっても興味深いタイトルだったので即購入。

あっという間の1時間ほどで読めてしまいました( *´艸`)

 

私はずっと小さいころから本は大好きでした。

学生時代、読書から離れた期間もけっこう長くありましたが、

大人になって再びハマってからは、ずっと好きでもう何冊読んだかわかりません。

だけどね、よっぽど印象に残っている作品以外、ほとんど詳しい内容を覚えていないのです…。

 忘れないように、読書ノートをつけてはいるんだけど、そのノートすら、

印象にのこったもの以外はあっさりした感想などしか書かれていなくて、

あとで読んでもあまりよく思い出せなかったり…( ;∀;)

 

日ごろからそんなことを考えていたので、

この『記憶に残す』というタイトルに惹かれたんですね☆

 

読んだ結果、やっぱりブログで記録したりするのは良さそうです(*^_^*)

1冊の本から2つの記事が書けるくらい深く読めるようになれればいいな。

 

あとは、あらすじや感想を記録する読書ノート以外に、

本の内容から得た知識や雑学を記録する別のノートを作ることにしました(*´ω`*)

読んだときは「へぇ。そうなんだ!!」と感心したことも、

そのうち忘れるんじゃぁ、もったいないからね…。

読書ってそれなりに時間もかかるし、せっかく読んだなら何かを得たいしね☆

 

…というようなことを考えさせられる内容となっていました。

ただね、こうやって参考にしたいな~と思う部分ももちろんあったけど、

逆にそこまではやりたくないな~みたいな部分もありました。

私は読書は飽くまでも趣味です。楽しくできてこそです。

義務のように、1日何分読むとかそういう感じにはしたくないのですね~(´・ω・`)

 

 

あ、そうそう、読書ノートについてとか、今まで読んだ本についてなど、

これから少しづつ記事にしていきたいと思っています( `ー´)ノ

1か月に1~2冊ペースでしか今は読書できてないけど、

今まで読んだ本がたくさんあるんだもん、その本を紹介したっていいわけですもんね☆

 

 

ということで、本日は以上です(*´з`)

 

 

 

【郵便配達人 花木瞳子が盗み見る】 二宮敦人

盗み見ちゃうの?!

内容(「BOOK」データベースより)
郵便配達人として、今日も明日も元気に手紙を届ける花木瞳子。彼女は小さな好奇心から、配達すべき封書の中身を盗み見てしまう。そこに書かれていたのはたったの一行。「あなたは誰ですか?」。差出人の正体を追う瞳子の穏やかな日常は二転三転しながら、猟奇的な連続殺人事件へ突入していく。手紙に秘められた衝撃の真実に、あなたの心は震えあがる!郵怖探偵が挑む、お仕事ミステリー開幕!文庫書き下ろし。

 

 

文通が大好きな私は、どうも郵便関係のタイトルに惹かれてしまいます…。

これは読まねば!!と、積んでいた本です(*´з`)

 

日常の中の、郵便にまつわる些細な事件のお話なのかと思って読んでいたら、普通に殺人事件でびっくりしました(笑)

しかもかなり残忍な殺害方法だし、犯人も異常な感じでした(*_*)

具体的に想像してしまうと気持ちが悪くなってきちゃう…

 

なんとなく、途中から犯人がわかってしまったんですけど、それでもラストに向かって一気に読めました(o^^o)

 

ただね、これはフィクションだから、手紙を盗み見ても仕方ないんだけどね。

郵便配達人って、やっぱり毎日いろんなおうちを回ってるだけあって、いろんな情報を知らず知らずに得ているんだなぁということがわかって、正直ちょっと怖くなりました(*´Д`*)

それでも、情報を悪用する人なんてそうそういないし、どんな天候や気候の時も毎日大切な郵便を運んでくれる配達人さんにやっぱり感謝したいなーと思います(・∀・)

 

ストーリーよりも、配達人さんのお仕事の内容が知れたのが、私にとっても良かったかな☆

 

郵便配達のお仕事を知りたい方、

刺激的な殺人事件が読みたい方にオススメする1冊でした(*'ω'*)

 

以上です。

 

 

 

 

 

 

【秘密結社にご注意を】新藤卓広

このミス大賞優秀賞受賞のユーモア・ミステリー。

 

 

内容(「BOOK」データベースより)
ストーカー容疑から会社をクビになり、引きこもりの生活を続けていた青野恵介は、ひょんなことから“秘密結社”に就職することになる。息子を誘拐された会社員は、犯人からの指示でのこぎりを購入している。ピッキングが趣味の男は挑戦状を受け取り…。まったく無関係にみえたそれぞれの事件がやがてつながり始めて―。『このミステリーがすごい!』大賞優秀賞受賞のユーモア・ミステリー。

 

 

タイトルも面白そうだと思ったけど、

なによりも表紙のイラストに惹かれました( *´艸`)

 

今まで秘密結社の本なんて読んだことがないので、新鮮でした。

もう少しミステリーの要素が大きいかなぁと、勝手に思っていたので、

すごくライトに読めました。

 

それぞれが無関係に思えた事件が、話が終盤に近付くにつれて、

いろいろと繋がっていることがわかってきます。

この部分は、次から次へと面白かったですね~(*^▽^*)

 

ただね、ほんとに最後の方で、ずっと謎のままだった秘密結社のボスが

姿を現すんですけど、意外なはずの人物なんですが、

なんだかびっくりできなくて。

ありきたりな気がしないでもないというか…。

多分、私が勝手にもっともっとミステリー色が濃いものを

期待していただけだと思います(´・ω・`)

 

とにかく、ライトに読めるので、

難しい本や重い本の間に挟んで読むのもいいかもしれません☆

 

 

 

 

新藤卓広さんは、この作品の次に、

【アリバイ会社にご用心】

という作品も出されているようなので、

機会があればこちらも読んでみたいと思います(*´ω`*)

 

 

軽い気持ちでミステリーを読まれたい方などに、オススメできる1冊でした☆

ということで、以上でーす(*'ω'*)

 

 

 

 

【星がひとつ欲しいとの祈り】 原田マハ

人生の節目に何度も読み返したい1冊です!

 

帯にそう書いてあるんですが、本当にその通り!!

 

 

20代から50代まで、それぞれ娘や母、妻という立場から描かれている短編7編になってます。

 

 

妻子ある男性との子どもを授かったものの、自分の仕事や夢を諦められずに、母として生きることよりも女として生きることを選ぶ女性の話。

 

大女優の母が生きている頃は距離をとって生きてきたが、母の死後初めて、母がどんな気持ちで自分を産んで一人で育ててきたかを知る話。

 

夫を亡くした女性が、娘とその婚約者と一緒に、夫との思い出の地を訪れる話。

 

ほんの5年間ではあったけど、母娘関係だった二人。娘は今では有名な歌手だが、

大麻という犯罪に手を染めてしまい…何年かぶりに連絡をしてきて、いっときの時間を二人で過ごす話。

 

などなど、いろいろな女性の話が描かれています。

 

どの話も、良いお話という感じで、読了感がとてもいいです。

心がほっこりする感じですね(*^_^*)

ただ、私はですけど、

心が荒んでいるときに温かさを求めて読むというよりは、穏やかな気持ちの時に、もっと気持ちよくなるために読みたいかな~と思います。

…わかりますかね、この感じ…w

 

 

 

原田さんの作品は、今まで何冊か読んでいますが、

風景などの描き方がとてもきれいで私は好きです。

例えば…引用させていただきますが、

p195

尖った山の頂に向かって、鮮やかな絵具を散らしたように紅葉が駆け上がっているのが見える。水蒸気にうっすらと白くかすむ様子は、まぼろしのようだ。

みたいな感じで、すごくきれい(*゚▽゚*)

余談ですけど、同じような理由で、

江國香織さんも、きれいな描き方をされるので好きです。

 

 

短編集だし、小難しくないし、いいお話ばかりなので、

さらっと読めると思います☆

読書が久しぶりっていう方にもおすすめできる1冊かな(*´ω`*)

ということで、気になる方は、読んでみてくださーい☆

 

以上です(´▽`*)

 

 

 

 

 

 

 

 

【イニシエーション・ラブ】 乾くるみ

したたかすぎます…怖すぎます…

 

 前回の記事からかなり時間があいてしまいましたが…

今回はこちらを紹介したいと思います。

 

 私は今回で3回目かな。数回読んでいます。

 

以前になにかのテレビ番組で、

くりぃむしちゅーの有田さんが紹介されていて話題になりました。

私もそれで読んでみたはず…。

 

 

内容(「BOOK」データベースより)
僕がマユに出会ったのは、代打で呼ばれた合コンの席。やがて僕らは恋に落ちて…。甘美で、ときにほろ苦い青春のひとときを瑞々しい筆致で描いた青春小説―と思いきや、最後から二行目(絶対に先に読まないで!)で、本書は全く違った物語に変貌する。「必ず二回読みたくなる」と絶賛された傑作ミステリー。

 

 

詳しくお話しちゃうと、ネタバレになるので、難しい…。

とにかく、マユと鈴木の恋愛小説なんですよね。それは間違いない。

昭和の時代のお話で、カセットテープなんかが出てくるわけで、

それにちなんでか、小説自体も大きく 

side A  と side B のふたつの章に分けられています。

これがミソと言えるでしょうかね。

 

初めて読んだときは、読了後、

思わずすぐに初めから読み直してしまいました。

それくらい衝撃的でしたから…。

 

この小説、私は出てくる人のほとんどが好きにはなれませんでした。

人間のしたたかさや、ドライすぎる部分なんかが怖い(´◉◞౪◟◉)

 

あ、あと、ちょっとベッドシーンの描写?みたいなものが、

長いし細かいしで、私はそういうのはあまり好きではないので苦痛でしたね…

と言いつつ、何度も読んでいるじゃないかという声も聞こえてきそうですがw

 

 

 

 

こちらの作品は映画化もされていて、実は映画も見ました(*´з`)

読書も好きだけど、映画鑑賞もかなり好きなんです。

 

姿が見えない小説だからこそ、成功するトリックがおもしろい作品だと

思っていたので、一体どんな風に映像化するのかなぁ…と気になって。

 

ちょっと無理がある感じではあったけど、ありといえばありなのかな…

という感じで、そこは乗り越えてましたw

 

昭和レトロな感じも画面からひしひしと感じられて楽しかったです♪

当時流行っていたであろう曲もたくさん流れてきます(*´з`)

こういうところは映画ならではの楽しみですね☆

 

マユ役の前田敦子さん、ぶりっ子な感じがすごく似合ってました。

あぁ、こういうふうに振舞えば、男性の目にはかわいく映るのかぁ…

なんて感心しながら見てましたw

まぁ、それもラストには怖さに変わるんですけどね…

おっと、ネタバレになっちゃいますね。

ここまでにしておきます(´・ω・`)

 

 

こういうどんでん返し系のお話は大好物です( *´艸`)

気になった方はぜひぜひ読んでみてくださーい☆

 

以上です(*´ω`*) 

 

 

あ、ちなみに、乾くるみさんの小説でしたら、

こちらもおすすめです(*^▽^*)